ご確認ください

ここから先は
オトナの女性向け作品
が表示されます。 よろしいですか?

いいえ はい

冬ノ熊肉・湯町駆出演『Monthlyシリーズ』ポケドラ限特典を配信!

『Monthly冬ノ熊肉』

『Monthly湯町駆』
ポケドラ完全限定独占特典を
3/13(金)に配信!

冬ノ熊肉・湯町駆出演!シチュエーションCD『Monthly冬ノ熊肉』&『Monthly湯町駆』シリーズの配信を開始!それぞれのシリーズ全作をポケドラでご購入の方に、ポケドラ完全限定独占特典をプレゼント!
さらに、CDで本作を既にお楽しみいただいている方に朗報!ポケドラ完全限定特典は単品購入も可能です!ポケドラ独占特典の配信は2020年3月13日AM11:00に配信開始!
本編と合わせて5人目の彼をお楽しみください!

連動購入
ポケドラ独占特典

「Monthly冬ノ熊肉」Type-F

「Monthly冬ノ熊肉」
Type-F

出演声優 冬ノ熊肉

「あっれー?今日も帰って来るの遅いなーと思ったら即ベッド?」

クタクタになって帰ってきたら
メイク落とすのもお風呂入るのも、もうめんどくさーい!
明日の朝にしまーす。とひっくり返っていると

「おーふーろ!入んないの?」

今日も彼がやってくる。
どうやら、今日のお風呂は特別バージョンのようで…。

お姫様抱っこで連れて行かれたバスルームは
電気を消してキラキラピカピカのイルミネーションみたい!
でも、お風呂は素敵だけど、身体を洗ってもらうのは
いつまでたっても恥ずかしくて慣れない!

なかなか力が抜けないでいると
耳に背中に唇に…彼のキスが降ってきて
次第にとろっとろに蕩けてきちゃう。

更に意地悪な彼は
敏感な部分にシャワーを当ててきて
その甘い刺激に軽くイっちゃう…v

お風呂の中で温まりながら繋がれば
お湯がナカに入ってくる感覚にどうにかなっちゃいそう!
厭らしい音と声がバスルームで響いちゃう…。

「いっぱいイってくれてありがとう。これで、最後だ…!」

ラストスパートの、彼の色っぽい声に
こっちのきゅんきゅんも最高潮v

お風呂を上がれば
ほっかほかの身体を拭いてもらって
パジャマを着せてもらって…
いつもの明るく癒される彼の姿に。

おやすみなさい、良い夢見れそう。
また明日も一日頑張って、会いに行くね。
ポケドラでシリーズ4作を買って
特典をダウンロードする

「Monthly湯町駆」Type-A

「Monthly湯町駆」
Type-N

出演声優 湯町駆

「あ、おかえりー!」
今日も帰るのが遅くなったことを
どうやら彼は心配してくれているみたい。
新しい環境で、慣れない間は気を張っているから
家に帰ると不安や寂しさが顔に出てしまう。

「大変だったね…一人で頑張ったんだ。よしよし、こっちおいで」

彼は、ぎゅーって抱きしめてくれながら
くすぐったいような優しいキスをたくさんv
ほっぺた、唇…軽いキスから
彼の舌が入ってきて、クラクラするような口付けに。
嫌なことも寂しさなんて、もうちょっとだって思わない…。
抱きしめたときの、ふわふわした柔らかさが好きな彼は
ブラがお気に召さない様子。

彼にブラを奪われて、指でクリクリされたら声が漏れちゃう…!

アソコも、もう触るとクチュクチュ音がするくらい濡れているのに
指と舌でもっと気持ち良くしてくれて…v
思わずおねだりすると
もう我慢ができなくなった彼の大きなモノがゆっくり入ってきて…。

彼のでグチュグチュとかき混ぜられる音が耳に響いて、たくさんキスしながら腰を打ち付けられたら無意識にナカをぎゅってしてしまう!

「ダメ…良すぎて、出ちゃうよ…!」

いつもは優しくて大切に触れてくれる彼。
そんな彼にいつもと違う、息の上がった切ない声
激しくされたらもうすぐ限界…!



「大好き」をたくさん伝えてくれて

ぎゅーっと抱きしめてくれる彼は

かけがえのない大事な存在。



今日も一緒にゆっくり眠ろうね。

君と夢でも会えますように。
ポケドラでシリーズ4作を買って
特典をダウンロードする

単品購入はこちら!
連動購入ポケドラ独占特典

「Monthly冬ノ熊肉」Type-F
「Monthly湯町駆」Type-A
※こちらはポケドラ独占特典の単品有償販売になります。
ポケドラで4作をご購入の方には無償で付与されます。

Monthly冬ノ熊肉
対象作品紹介

大人の女性向けシチュエーションCDの先駆け的レーベル「Velvet Voice」スタッフとステラワースが贈る、スペシャルなシチュエーションCD。 4タイプの“彼”を、たっぷりお楽しみください。

──『こういうの、ちょっと燃えますよね?』
早めに出勤してきたアルバイトの彼。 事務所に二人きりなこともあって、キスをおねだりしてきて......。 ドアノブの音に驚いた“あなた”は彼を机の下へ押し込む。 机の下で彼は、“あなた”の足に唇を寄せる──

──『どこも全部......ずっと舐めてられます......』
職場の懇親会の帰り道。
ほろ酔いで歩きながら、お酒の勢いでちょっと彼に甘えてみる。 いつもは犬のように可愛い年下の彼が見せるオオカミの顔に、そのまま身体を委 ねて......。

──『不意打ちでそうやって誘うのやめてください......』
アルバイト同士のトラブルを解決した“あなた”。 帰り道、“あなた”の役に立ちたかったと落ち込む彼の手にそっと触れる。 健気な彼の姿にたまらなくなった“あなた”は、彼を寄り道に誘う。
収録セットを購入する

――『悪かったな! 妬くだろそりゃ』
仕事帰りに偶然幼馴染の彼と会った“あなた”。
コンビニの袋をさげている彼に、夕食を作ってあげることに。
久しぶりに会えたと唇を求めてくる彼の背中に、そっと腕を回し……。

――『俺は、お前だから一緒にいんだよ』
夜の公園で一人思い悩む“あなた”に声をかけてきた彼。
聞くしかできないかもしれないけれど、自分には何でも話していいのだと言う彼に、“あなた”は口を開き……。
背中に感じる彼の温もりに、“あなた”の心は解けていくのだった。

――『お前にこんなことされて……感じないわけないだろ』
雨に降られ、びしょ濡れになった二人は、彼の家に。
昔から雷が苦手な“あなた”のそばを離れないでいてくれる彼。
彼の優しさに、心も身体も甘く蕩けていき――
収録セットを購入する

――『こんばんは、奥の席にどうぞ』
閉店間際の彼の店を訪れた“あなた”。
お気に入りのカクテルを出してくれる彼と言葉を交わすも、本当に言いたいことが言えないでいた。
“あなた”のことだけが好きだという彼の言葉に、今夜は彼の家に泊まることに。

――『好きな彼女のことだからわかるだけ』
酔いが進んだ“あなた”の素直な姿に寄り添う彼。
優しい言葉とゆっくりとした濃厚な愛撫に、“あなた”は何度も快感の波に飲み込まれる一夜を過ごす。

――『好きで……我慢できない』
どこか二人の関係に不安の色を見せる“あなた”に、彼は自宅の合鍵を渡す。
彼の真摯な気持ちを受け止め、彼の家へ。
普段よりも興奮し、少し強引な彼の姿に、“あなた”の吐息も身体も乱れていく――
収録セットを購入する

───『今日は君が運転してくれるっていうから、楽しみだな』
“あなた”の運転でのドライブデート。
サービスエリアで過ごす穏やかなひと時でさえ、甘すぎる彼の言動に、“あなた”の胸の高鳴りは止まらない。

───『火事のこと思い出したくないでしょ?』
ドライブの帰り道。サイレンの音に反応する“あなた”に、彼は語りかける。
一人にはしないと誓う彼に、“あなた”の心にある闇も少しずつ薄れていくのだった。

───『そういう誘惑はしたら駄目だよ』
口にできないでいたお互いの過去に触れたことで、二人の距離はより縮まっていく。
どちらがお互いをより想っているかを張り合っていると、引き合う熱を我慢できず、“あなた”は彼を誘惑し、二人はベッドへと身体を沈める───
収録セットを購入する

Monthly冬ノ熊肉シリーズを
4作全てポケドラで買ったら…
「Monthly冬ノ熊肉」Type-F

Monthly湯町駆
対象作品紹介

大人の女性向けシチュエーションCDの先駆け的レーベル「Velvet Voice」スタッフとステラワースが贈る、スペシャルなシチュエーションCD。 4タイプの“彼”を、たっぷりお楽しみください。

──『たとえ五分でも、一人で待たせるなんて心配です』
久しぶりにデートができることになった“あなた”と彼。 仕事を終えて、待ち合わせ場所で待っていると、急いでやって来る彼の姿が。 会えなかった間の話をしながら、二人の夜は深くなっていき──

──『僕はもしかすると、あまり普通ではないかもしれません』
ホテルの部屋で、彼は“あなた”の身体の隅々を確認するよう触れる。 “あなた”の反応にますます昂っていく彼の熱。 彼の執拗な愛撫に“あなた”は絶頂を迎え......。

──『僕がしたいようにしたら、あなたが壊れてしまうんじゃないかと......』
相手を想うあまり、すれ違ってしまう二人。 しかし、「お互い遠慮はしない」という約束を思い出した“あなた”は、彼に素直な気持ちを伝える。 愛を確かめ合い、彼の隠された欲望の扉を“あなた”はそっと開いていく──
収録セットを購入する

――『こんばんは。ちょうどよかった』
彼の自宅を訪ねると、急に腕を引かれキスをされた“あなた”。
仕事に詰まった彼からの強引なお誘いに流されてしまう。
原稿が散らかる部屋で、彼の巧みな愛撫に抵抗できずに溺れてしまい……。

――『確かに君が来るまで人らしい生活を忘れていたけど』
たった数日で荒れ放題になった部屋を片付け始める“あなた”に、変わらずのんびりしている彼。
お酒が入った彼が、ふと心の中を吐露する。
そんな彼を励ます“あなた”の言葉に、彼は感謝し、仕事に戻るのだった。

――『俺はどうやら今まで本気の恋を知らなかったのかもしれない』
年齢差からか、どこか彼の遠慮を感じる“あなた”。
自分の我儘は“あなた”を困らせてしまうだろうと言う彼に、その我儘が聞きたいとねだる。
今までには無いほど甘い言葉と甘い行為に二人は満たされていく――
収録セットを購入する

――『先輩に、ちょっと報告したいことがあって……』
職場で嬉しそうに声をかけてくる彼。
次のプロジェクトに自分も参加できるという報告だった。
彼の努力を知る“あなた”だったが、職場ではついクールに接してしまう。

――『じゃあ、ちょっとだけ待っててくださいね!』
残業中の彼の様子を見にオフィスに立ち寄った“あなた”。
終わったら食事をしようと誘うと、俄然やる気を出す彼。
二人きりになり甘えてみると、彼は“あなた”を抱きしめて、深く舌を絡めてきて……。

――『俺が愛してる姿も見てほしいから……』
仕事のフォローをしてくれた彼の成長を感じ、お礼にとデートに誘う。
自宅に招くと、彼は情熱的に“あなた”を求め――
自分の気持ちが一方的なのではないかとこぼす彼に、“あなた”からも愛を伝えるのだった。
収録セットを購入する

───『こういう役回りは一人の方がいいんだよ』
珍しく、彼が待ち合わせの時間にやって来ない。
部室にいるだろうと迎えに行くと、考えごとをしていたという。
サークルの今後に思いを巡らせる彼に、“あなた”はそっと寄り添った。

───『ずっと我慢してたんだ……』
部室での甘い逢瀬では足りず、彼の部屋で身体を重ねる二人。
キスマークよりすごい痕をつけてほしいという彼に、少し戸惑いを隠せない“あなた”。
その戸惑いも、濃厚な愛撫に忘れさせられてしまうのだった───

───『俺だったら何されてもいいの?』
“あなた”が友人からノートを返してもらうところを見た彼の空気が一変する。
これまで見たことないほど強引で、悲しげな目をした彼。
溢れる激情に触れ、そっと彼を抱きしめた“あなた”に、彼は心の内を明かす……。
収録セットを購入する

Monthly湯町駆シリーズを
4作全てポケドラで買ったら…
Monthly湯町駆Type-N

ポケドラオススメ作品

注意事項

・特典のダウンロードには、各作品の全てのトラックの購入が条件となります。
※購入条件を満たしている場合、特典の購入・ダウンロードが可能になります。
※収録トラックセットの購入、もしくは単品トラックの全ての購入どちらでも購入条件を満たすことが可能です。

・特典の配信は予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

・特典の配信はスマートフォンのみとなります。フィーチャーフォン・PC・タブレット端末ではご利用いただけません。

・再生アプリでの作品ダウンロードには別途通信料が発生します。

(C)Frontier Works Inc.