オトナの女性向け年齢確認

あなたは18歳以上ですか? 性描写・暴力表現など18歳未満の方は
閲覧できない・推奨されない情報が
含まれています。

いいえ はい、18歳以上です
「愛されすぎて××されちゃうCD」シリーズ第2期1巻「溺恋元カレ」「狂愛元カレ」その(2):エ×チなシナリオ公開!

スタッフ

「愛されすぎて××されちゃうCD」シリーズ第2期1巻「溺恋元カレ」「狂愛元カレ」その(2):エ×チなシナリオ公開!

あの人気ドラマ音声作品の、Hなシナリオをちょっとだけ公開!

こんにちは、ポケットドラマCD(ポケドラ)のスタッフです。
大好評のシナリオちょっと見せコーナー★
今回は「愛されすぎて××されちゃうCD」シリーズ第2期1巻「溺恋元カレ」2巻「狂愛元カレ」のシナリオをお届けします。
半額キャンペーンは、2016年7月14日 AM10:00まで!



■「愛されすぎて××されちゃうCD」シリーズとは
彼に愛されすぎて、優しく大事に甘くとろかされる貴女。
彼に愛されすぎて、病んだように執着・束縛される貴女。
彼に悪いところがあったとすれば、貴女を愛しすぎたこと——。

そんな彼の「究極の愛」をつめこんだ恋愛シリーズ!

この作品のシナリオを少しだけ公開!



<溺恋元カレ>
大学時代、家庭教師先の高校生・滝沢恭一と恋に堕ちる貴女。
でも、ある事情から別れることに。
その事情を彼に隠しつつ未練が残らないように手酷く振るが、数年後、素敵な男性となった彼が、貴女の前に現れる。
恨まれていると思っていたが、昔のことを忘れたかのように紳士的に接してくる恭一……。
彼の本心は愛なのか憎悪なのか?
彼からの誘いを受けるか断るかで、彼の態度が豹変!
誘いを受けることを選択した貴女は、一途に、熱く深く愛されることに……。
「狂愛元カレ」と一緒に聴くと、より一層、彼を知ることができます。

名前:滝沢恭一(たきざわ きょういち)
年齢:22歳(社会人1年目)
CV:魁皇楽

===========
<トラック3より>

酔っぱらって寝てしまった貴女を、介抱するためホテルに連れてきた恭一だったが、突然、態度を豹変させる。

【恭一】「……だから決めたんです。アンタにもう一度再会して、復讐してやるって。俺をあっさり捨てて苦しめた償いをしていただきます」

恭一がベッドに乗り、貴女に伸しかかる。

【恭一】「再会したのは偶然なんかじゃないんですよ。アンタのことはすべて調べつくしたんですから。それでアンタと同じ会社に入社したんですよ。爽やかな好青年、ふふ、なかなかいい演技でした? こうもあっさり騙されてくれるとは……ちゃんと、いい男になってました?」

驚いて動揺する貴女を前に、

【恭一】「まんまと騙されてくれて、ありがとうございます。はは、そうそう、その顔、ずっと見たかったんです、いいものですね」

逃げようとすると、

【恭一】「逃げられるもんなら逃げてもいいですけど、その分の償いも上乗せしますよ? ふふ、まあ、男の腕はそう簡単に振りほどけないと思いますけど?」

首筋にキスをしながら、貴女の服をまさぐりはじめ、

【恭一】「まずはアンタを抱かせてもらいます。俺と別れた後、他の男に抱かれたりしました?」

してない…と答える貴女に、

【恭一】「へえ~、本当。まあ、アンタのいうこと鵜呑みにする気はないけど、それはちょっと感激ですね。じゃあ、本当かどうか、この体にきくってことで」

貴女のブラウスを一気に引き裂く恭一。

===========
※製作上の都合等により、実際に収録される内容とは異なる場合があります。予めご了承ください。

続きはぜひ、ドラマ音声でお楽しみください!!




<狂愛元カレ>
大学時代、家庭教師先の高校生・滝沢恭一と恋に堕ちる貴女。
でも、ある事情から別れることに。
その事情を彼に隠しつつ未練が残らないように手酷く振るが、数年後、素敵な男性となった彼が、貴女の前に現れる。
恨まれていると思っていたが、昔のことを忘れたかのように紳士的に接してくる恭一……。
彼の本心は愛なのか憎悪なのか?
彼からの誘いを受けるか断るかで、彼の態度が豹変!
誘いを断ることを選択した貴女は、復讐と称し、いびつに愛されることに……。
「溺恋元カレ」と一緒に聴くと、より一層、彼を知ることができます。

名前:滝沢恭一(たきざわ きょういち)
年齢:22歳(社会人1年目)
CV:魁皇楽

===========
<トラック3より>

自分を捨てたことを責める恭一。
会社の資料室で、貴女を強引に押し倒し、挿入しながら恨みをぶつける…。

【恭一】「すごい、息乱れてる。気持ちいいんだ? こんなに溢れさせて……」

響き渡る、貴女の濡れ音…。

【恭一】「アンタ、そうやって今まで男をくわえこんできたわけ?」

責めるように、激しく突き上げ、

【恭一】「何とか言えよ。それとも良すぎて、何も考えられないの? この、変態……っ(イク)」

貴女の中に放つ恭一。

【恭一】「ふーっ…」

身を起して自分の服を整えつつ、

【恭一】「ねぇ、アンタ、何で抵抗のひとつもしなかったんだよ?」

貴女に一歩近づき、

【恭一】「(耳元で)まさか、こんなことで、自分の罪をチャラにしてもらおうなんて思ってないよな。それ、大間違いだから」

ドアに向かって歩きだす。

【恭一】「よく覚えておけよ。こんなものじゃない。俺の復讐は始まったばかりだ」

恭一がカチャと鍵を開け、ドアを開けて外へ出る音。
取り残される貴女の中によぎる複雑な想い…。
===========
※製作上の都合等により、実際に収録される内容とは異なる場合があります。予めご了承ください。

続きはぜひ、ドラマ音声でお楽しみください!!

『愛されすぎて××されちゃう』の関連記事

最新記事